2013年11月28日

安楽拓也とドライバー スイング 図解連続写真

ga12.jpg

ロングホールではいつも苦戦を強いられてしまい、どれだけスコアをまとめていても、大崩れをさせることが多かったとしても、
自己流スイングの欠陥がどこにあるのかはっきりとつかむことができ、コンパクトにスイングしても弾道がぐんぐん伸び血ていく練習法がこちら




あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないでしょうか??


2打目を誰よりも先に打つことが多い

ゴルフの苦手意識がまるで抜けない

どうすれば上手くなるかわからない

今している練習が果たしていいのか、悪いのかがわからない。



手っ取り早くゴルフがうまくなる、ドライバーが飛ぶようになるには、自分一人でこそこそと練習をするよりも、

上手な人にアドバイスをもらうほうが手間も時間も大幅に節約できるものです。


唯一つ気を付けなければいけないのは、ゴルフがうまい人が必ずしも教え方がうまいわけではなく、

レッスンプロであっても、中には、自分の持っている技術を抽象的な表現でしか伝えられない人がいるのも事実です。


「バーンとインパクトさせる」とか「ギュッと腰を入れる」みたいなことを言われても、わかる人にはわかるかもしれませんが、

そんな説明で理解できる人はほんのわずかしかいないんじゃないでしょうか。


練習量をできるだけ減らし、より短期間でドライバーがうまくなるためには、できれば、指導力と実績の両方を兼ね備えた人に教わるべきです。

ga02.jpg

藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論は、

ドラコン3冠・400ヤードオーバーという実力を持つ安楽拓也プロのスイングノウハウがわかりやすくまとめられているマニュアルで、

体格とかゴルフ歴に左右されることなく、ドライバーで300ヤード飛ばせるスキルを養っていくことができます。


藤井誠さんとはちなみに、業界では知らない人がいないといわれるほどの有名なティーチングプロなのですが、

彼の名前をゴルフ業界にとどろかせたのは、年に1回、日本プロゴルフ協会が日本一と認めるティーチングプロに授与するティーチングプロアワード優秀賞を受賞したからです。


実際に、藤井誠さんを通じて安楽拓也さんのノウハウを学んだ人の中には、小学生の男の子もいて、

非力で体格に恵まれているわけでもないのに、7番アイアンで200ヤードオーバーという驚異的な結果を、わずかな練習時間だけで実現しています。

ga01.jpg

安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論がなぜ、これほどの効果を発揮できているのかといえば、

ゴルフスイングの基本を徹底して身に着けることができるからです。


ゴルフでは、シングルプレーヤーとかプロテスト合格などを目指そうと思うと、自分なりにスイングを突き詰めていく必要がありますが、

大前提として、正しい体の動かし方を押さえておかないといけません。


ゴルフにだって基本と応用があるもので、基本をまずはしっかりと作り上げることでスイングの土台ががっちりと固まっていき、

多少はマン振りをしても軌道がぶれることなく、まっすぐにぐんぐんボールが伸びていくようになります。



ドライバーで300ヤードを楽々超えるのも夢ではなくなる安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論の「ヘッドの押し込み」についてこちらでも詳しく紹介しています。

ga10.jpg



REBOL PERFECT DIETの筋トレダイエットブログ 評価レビュー
照喜名弘彦 疲労革命プログラム 口コミ評判
吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術 口コミ評価

posted by 安楽拓也 at 03:57| ドライバー スイング 図解連続写真 | 更新情報をチェックする

安楽拓也のドライバー 打ち方 動画図解

ga08.jpg

ドライバーの飛距離アップを実現するために、もしあなたが「インパクトはアドレスを再現する」という誤った思い込みをしていたら、考え方を修正しないといけません。


確かに、ハーフスイングなど、振り幅が狭い場合には、インパクトはアドレスを再現するようなイメージになりますが、

フルスイングする場合など、スイング幅が広がるにつれて、インパクトの姿勢はアドレスは全く異なってきます。


飛距離アップを実現するためには、ヘッドスピードを上げるのと同じように「ヘッドの押し込み」を強化することも重要で、

この押し込みをするためには体の捻転をインパクトの瞬間まで維持し続ける必要があります。


アドレスをしているときには、捻転なんてまるで生まれてない状態ですから、

安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論にあるように、インパクトの瞬間に最適な捻転ができるように、適切な体の動かし方を身に着けていく必要があります。


多くのゴルファーは「捻転ってなんだか難しそう。。」っていうイメージを持ってしまいがちですが、

藤井誠さんが、どこでどのように体を動かすべきか、どこを意識すべきなのかをわかりやすく教えてくれますので、

練習をするときの目的をはっきりと持てるようになります。

images5.jpg

さらに、練習メニューに関しても、難易度が高くならないように配慮されていて、

簡単な練習内容でスイングのコツがスムーズに身につくように工夫されていますから、あなたも、腕がしびれるほどクラブを振り続けなくとも、

↓のような結果を手に入れることができますよ。


セカンドショットを最後に打つ優越感を味わえる

より力強く美しいスイングになる

スイングに軸ができる

ゴルフをもっと好きになる


再現性が低かったり、高い技術レベルが求められるテクニックに振り回され、今でさえぐちゃぐちゃなスイングがさらに乱れてしまう前に、

フォームが固まっていく手ごたえの感じられる練習法で、第1打をだれよりも遠くに飛ばし第2打を断然有利な位置から打つ優越感を味わってみませんか??


ga13.jpg

安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論で、軸のぶれるスイングはとっとと卒業して、コースが短く感じられるほどボールを遠くへ飛ばせるようになるにはこちら






遠藤和博の犬のしつけdvd 3秒でお利口になるって本当?
225デイトレNavi
posted by 安楽拓也 at 03:56| ドライバー 打ち方 動画図解 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。